洋書を音声付きで読む

 以前、洋書を音読する方法について紹介しました。音声がなくてもリズムよく音読できる方は、どんどん洋書を音読しましょう。今回は音声がないと不安だという方向けの方法を紹介します。

 洋書にはナレーションCDが別売りで発売されている物もあります。日本ではまだまだなじみが薄いですが、アメリカではわりとポピュラーなようです。日本の店頭では、ほとんど手に入らないと思うので、読みたい洋書に別売りCDが発売されているかどうかをamazonなどで確認し、洋書は店頭で、CDはインターネットで買い求めるという方法がおすすめです。なにぶん店頭で買えば、送料がかかりませんからね。店頭でもCDを取り寄せてもらえるなら面倒でなければそれがいいかもしれませんね。送料無料の場合や、送料を差し引いても店頭より安い(中古)場合はインターネットですね。店頭に両方おいてあれば、それが一番好ましいですけど。

 例)the sky is falling

  the syk is fallingナレーション

 オーディオブックの場合iPodで再生する場合、「やや遅い」「標準」「やや速い」のように少しなら再生速度の調整が出来るようになっている物が多いはずです。iPodの場合オーディオブックでなくても、このように3段階の早さ調整が出来るようになる方法もあるので、別の記事で紹介します(iPodのモデルによっては出来ない可能性もあります)。

 もう言わなくてもわかると思いますが、音声がないと不安だが、洋書を音読したいと言う方は、そのナレーションCDに従って洋書を読みましょうという話です。ただ「聞くだけ」「聞きながら英文を読む」でも面白いかもしれませんが、やはり「聞いて読んで口も動かす」のがおすすめです。口を動かすと内容に集中できない方は、口は動かさないで、そういう楽しみ方としてがんばってください。それも立派なリスニングの学習法です。一応ここは音読サイトなので、口を動かすことをすすめないといけません、建前上。でも、英語の学習は自分の好きなようにやるのが、一番だと思います。

下のバナーをクリックしていただけると、いろいろな有益なブログを探すことができ、このサイトのランキングが上がります。よろしければクリックを。





人気blogランキングへ

みんなの英会話奮闘記



英語学習 ランキング
posted by masa at 09:09 | Comment(2) | TrackBack(0) | コンテンツ
この記事へのコメント
トラックバックありがとうございました。
音読の話、面白いですね。
偶然ですが、最近、VOA Special Englishで音読練習していました。
今度、Harry PotterのCDでも買おうかと考えているところです。
またよろしく!
Posted by takaranoyama2525 at 2005年11月06日 14:28
コメントありがとうございます。管理人のmasaです。本当に偶然ですね。多読と音読をやりこめばほぼ間違いなく英語力が相当なレベルまで達するでしょうね。ハリーポッターのCD聞き応えがあると思います。お互い頑張りましょう。またよろしければ、コメントやトラックバック下さいね。
Posted by masa at 2005年11月07日 18:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/8876348
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。